どんな物件を選べばいいか|マンション1棟買いをすることで豊かな生活に早変わりする

マンション1棟買いをすることで豊かな生活に早変わりする

レディ

どんな物件を選べばいいか

マンション

好条件の物件を探す

手元のお金を少しでも増やすために投資用マンションに興味を持っている方も沢山います。実際に投資用マンションを購入する時のポイントとなるのが、どのような物件を購入するのかということです。入居者に貸し出した家賃が収入となるので、投資用マンションには空き室のリスクがつきものです。空き室というリスクを避けるためには、駅の近くの物件など好条件の物件を探すことが大切です。もちろん駅の近くならどこでもいいというわけではなく、人口の多い都市部で、さらに利用者の多い駅から徒歩10分以内の物件を選ぶなど厳選して物件を選ぶようにしましょう。また空き室対策に関する知識を学んでおくことも忘れてはいけません。

価格が手ごろな中古物件

投資用マンションの購入を考える時、新築マンションの方がいいと考える方も沢山いるでしょう。確かに新築マンションであれば、賃貸を借りたい側からも人気が高いため、最初は入居者が集まりやすくなります。ですが最初は入居者が集まっても、すぐに集まりにくくなってしまうこともあるので注意が必要です。さらに新築で購入すると、初期費用が高いため、初期費用を取り戻すだけでも大変です。そこで投資用マンションを選ぶなら、新築ではなく中古マンションを選ぶのも1つの手です。中古マンションであれば、初期費用が新築マンションよりも少なくてすむため、早く元手を取り返すだけではなく、利益を出すことにもつながります。どのような物件を購入するかは、どのくらいで収入が出るかという予想をしてから考えることも大切です。